仕組みを知ればネズミ講出ないといえるエクスカシーファーム

※当ページではネズミ講だと勘違いされているエクスカシーファームの仕組みを解説していきます。

 

最近でこそ聞かないネズミ講ですが、最近はネズミ講で捕まったとか逮捕されたとか聞かないですよね。

 

もうこれは昭和の時代にはやった取引なのだと思います(笑)。

 

ちなみにネズミ講というのは、無限連鎖講と呼ばれることになっている連鎖配当組織ということです。

 

といっても、全然わからないですよね(笑)。これだけで仕組みがなるほど〜っていう方は偏差値65以上(笑)。

 

ちなみにトップの人間が100円で仕入れて、その下の人間に150円で売る、さらにその下の人間に200円で売るという仕組みになっていて、最終的に販売する人がいなくなったときにその一番下の人がババを引いた状態になるという仕組みなのです。

 

これは法律によって、禁止されています。

 

つまりエクスカシーファームもネズミ講じゃないか?と思われている節があるのも事実です。

 

ネズミ講ではないエクスカシーファーム

 

ネズミ講って言うのは自分が購入してしまうと、誰かに売らなければ丸々損をするというシステムです。

 

しかもその仕組みはピラミッド構造です。昔はやった不幸の手紙って言う感じでしょうか(笑)。

 

そのために嘘をついてでも、誰かに自分が買った以上の値段で売らなければなりません。

 

しかし、エクスカシーファームでは売れるのは100%売れています。そのような仕組みになっています。

 

欲しい人が多いというのと、販売者のエクスカシーファームが販売量を計算しているからです。

 

さらに買いたい人は抽選で当たらない限り商品を購入することが出来ない仕組みになっているのです。

 

そういったシステムになっているために、ネズミ講だったら先に会員登録した人間が有利なのですが、エクスカシーファームの場合は、抽選であるために後から入った人間でも不利はないのが特徴であります。

 

ネット情報では「エクスカシーファームはネズミ講だ」!とある

 

実際にいろいろネット情報を僕自身調べてみると、エクスカシーファームはネズミ講だって書いている情報サイトもありました。

 

でも、じっくりすべて読んでみると、エクスカシーファームはネズミ講だから僕の情報に登録してね?という項目を発見してしまいました(笑)。

 

あいつは悪いやつだよ!だから僕は安全、そんな感じのネガティブキャンペーンというやつです(笑)。

 

それにだまされる人もいるのでしょうが、正攻法でない情報発信者にはほとんどの方はついて行かないでしょうね。

 

LINEの友達登録を促してましたけど、入会者のほとんどは売り込みされて嫌気がさして、ブロックされているのではないでしょうかね(笑)。

 

ただし、

 

エクスカシーファームはネズミ講ではないが投資に100パーセントはない

 

それで最後に結論を書いていきましょう。

 

エクスカシーファームはネズミ講ではありません。

 

しかし、投資の部類に入ります。

 

なので、リスクは必ず伴います。

 

商品を購入してもエクスカシーファームに振り込みすることはほとんどありません。

 

最初の商品を新規で出品するときはエクスカシーファームに振り込むのですが、2回目以降の取引(だんだんに値段が上がっていく)個人と個人の取引になりますので、個人に自分の口座から振り込みをすることになります。

 

だから、安心!ってことはありません。

 

販売できるのはエクスカシーファームが価値を認めているからなのです。

 

では、その大元のエクスカシーファームが潰れてしまった場合はだれもその商品を買いませんよね。

 

そうなったときは、そのときに持っている方が損をします。

 

それが唯一と言っていいリスクとなります。

 

ただし、エクスカシーファームは潰れないような仕組み(仮想通貨取引所など)のを持っていて他の後から出てきたP2P投資にはない有利性があります。

 

その仕組みをしっかりと考えてから、慎重に取引を始めて見るのが良いのではないでしょうか。